ユーザー様宅訪問レポート
今回おじゃましたのは神奈川県横須賀市にお住まいのS様邸。愛煙家のS様と、タバコの煙で壁クロスを汚したくないという奥様が、ご新居のダイニングに選んだのがライトフライヤーでした。そんなS様ご夫妻にinnoinnoがインタビューさせていただきました。
横須賀の閑静な住宅街の一角にS様邸はあります。ご自宅におじゃまして、ダイニングに入った我々の目に飛び込んできたのはペンダントスタイルファン。シルバー色のライトフライヤーはシックにコーディネートされたお部屋のインテリアとマッチしていました。


新カテゴリーのペンダントスタイルファン。世間での認知度はまだ高くないのでS様のご自宅に遊びにいらっしゃったお客さまは見てビックリされませんでしたか?


奥様 そうですね。遊びにきた方…というわけではないんですけど、電話の工事にいらした業者さんに、『……これ、なんですか?』って不思議そうにたずねられました(笑)。よっぽど不思議だったんでしょうね。


そうですか(笑)。その方のように、世間にはまだまだペンダントスタイルファンをご存知でない方が多いと思いますが、S様はライトフライヤーをどこでお知りになりましたか?
写真


奥様 雑誌『住まいの設備を選ぶ本』(リクルート)で知りました。そのページを切り抜いて業者さんに渡したんです。


ありがとうございます。でも雑誌には他にも沢山、魅力的な商品があったのではないでしょうか?その中で、S様がご新居にライトフライヤーを付けようと思った決め手は何だったのか教えていただけますか?


奥様 私も主人も愛煙家なんですけど、部屋で自由にタバコが吸いたかったんです。タバコを部屋で吸うとと壁紙が汚れますよね。せっかく新築した家なのに、わざわざ外でタバコを吸うのもいやですし、といって壁紙を汚して掃除するのも…と悩んでいて。そんな時、雑誌でペンダントスタイルファンを見つけて、『新居に望んでいたものはこれだ!』って思ったんです。後は私が主人を説得して、すぐ注文しました。


旦那様 女房に押されて…(笑)


写真 ダイニングにはモノトーン色のすてきなテーブル、椅子がありますが、これらのインテリアとのコーディネートも検討されてのライトフライヤーご採用ですよね。


奥様 実はその逆なんです(笑)。ライトフライヤーに合わせてテーブルと椅子はコーディネートしたんです。ライトフライヤーは思いのほかシンプルでモダンなデザインだったので、それに似合うものを探しにいったんです。こうしたインテリア性がなければ、きっと買わなかったでしょうね。


奥様のセンスがあるからこそ、さらにライトフライヤーがダイニングで映えるのでしょうね。さて、実際にご使用になった感想も伺ってよろしいでしょうか。


旦那様 ないと困りますね…


奥様 それくらい我が家では必要不可欠な存在です。それに、欲しかった『インテリア性・換気扇・照明』という必要なものだけを備えたライトフライヤーは、無駄だと思う要素が一つもないんですすね。この家で一番のお気に入りです。


ありがとうございます。奥様がダイニングに必要とおっしゃていた『照明』にライトフライヤーではヤマギワを採用していますが、何かメリットはありましたか。


奥様 部屋の照明を消して、ライトフライヤーの照明だけつけるとムードがあって素敵ですね。調光もできますので昼間よりも、夜の方が照明の使い方を考えて楽しめますね。


最後になりましたが、ペンダントスタイルファンを付けようか迷っている方へアドバイスがあれば是非お願いします。


奥様 ペンダントスタイルファンは色々なライフスタイルにマッチすると思います。タバコのにおいだけでなく料理のにおいも取ることが出来ますし。これからの季節、鍋料理なんかにも最適だと思います。絶対付けられることをお薦めします。
写真


ライトフライヤーご購入は奥様の希望でしたが、実際お使いになって、旦那様もライトフライヤーを使う生活が毎日のスタンダードとなっているようです。アクティブな奥様とそんな奥様を優しく見守る旦那様…S様のご自宅ではライトフライヤーを囲んで、今日もご夫婦そろって水入らずの時間をお過ごしでしょう。

S様、貴重なご意見、ありがとうございました。