ユーザー様宅訪問レポート
初め換気ライト[PSF]の性能に半信半疑だったというH様。前のご自宅では卓上調理後のニオイ消しに苦労されていたそうですが、換気ライト[PSF]を取り付けた新しいご自宅ではそんなストレスから解放されたそうです。

今回おじゃましたのは滋賀県大津市のH様邸。
琵琶湖に程近い城下町の一角です。

H様はご夫婦と3人の娘さんがいらっしゃる5人家族。
開放感のあるキッチンダイニングスペースに換気ライト[PSF]を設置されています。

換気ライト[PSF]をお取り付けになった経緯を教えていただけますか。

もともと卓上調理が好きで、よくやっていました。
主人が焼き物好きで・・・初めダイニングテーブルに鉄板の埋め込みを検討していたくらいなんです。

鉄板の埋め込みとは本格的ですね!

外よりも家で食事をするのが好きなんです。
そんな話を予め建築家さんにお話していたらプランの検討段階で『オススメの商品』と換気ライト[PSF]を紹介してもらいました。
本で見たことはあって“こんなものがあるんだな”位にしか思っていなかったので、紹介してもらわなかったら取り付けていなかったと思います。
鉄板の埋め込みはやめましたが、卓上コンロを使ってのお料理にいいかなと思って。


H様はショールームにもお越しくださいましたよね。

ええ。建築家さんに紹介してもらってから神戸のショールームに確認しにいきました。

実機をご覧になったときの感想はいかがでしたか。

ショールームで説明してもらっているときも本当に吸うの?と半信半疑でした(笑)。
無いよりいいかな?デザイン的にもいいかな?
といった気持ちで取り付けを決めました。

そうだったのですか。
ショールームで実演ができれば一番いいのですが・・・
申し訳ありませんでした。実際使ってみていかがですか。

本音を言うと『ここまで期待していなかった』ですね。
前の家では2・3日においが取れず、お客さんに『すき焼き食べた?』と聞かれることがあったりして空気清浄機をまわしたり、アロマを焚いてごまかしたりしてそれが結構ストレスでした。
でもこの家で換気ライト[PSF]を運転させてすき焼きをしたら次の日の朝においが残らなかったんです。びっくりしました。


『本当に吸うの?』という疑いが晴れてよかったです。
新築の家をお料理の油で汚したくないですよね。
3機種のラインナップからLFタイプをお選びいただいたのには理由があるのでしょうか。

初めCLタイプを検討していました。でもダイニングテーブルが大きく、少しでも吸い込み面積が大きいほうがよかったので最終的にLFタイプに決めました。

普段はどんなお料理をされてるのでしょうか。

すき焼き、焼肉、お鍋などでしょうか。
IHも、ホットプレートも使います。
このLFタイプは上下昇降ができるのでいいですね。
普段はフードを上げているのですが油がはねる料理をする時は下げたりして臨機応変に使い分けています。

上下昇降できるのがLFタイプのポイントですのでやはり採用されたお客様はうまく使い分けてらっしゃいますよね。
『高さが気になる』というお客様もいらっしゃいますがいかがでしょうか。

普段は上に上げていますし、できるだけテーブルに近いほうが良く吸ってくれると思うので、この高さで問題はないですね。

どのくらいのペースで卓上調理されていますか。

具体的に何回・・・というのはわからないですが家族はもちろん、親戚を集める機会が多いので、結構頻繁にやりますよ。

ご親戚の皆様も含めて換気ライト[PSF]をご覧になったお客様は何かおっしゃってましたか。

キッチンのデザインと調和しているので換気扇だと気づかない人が多いです。説明すると見たことのない商品だと感動していました。

それは大変ありがたいですね。
お部屋の雰囲気にLFタイプがマッチしていますよね。
換気ライト[PSF]のここが良い!というところがありましたら教えていただけますか。

採用の決め手に『国産』というキーワードがあります。
前の家で海外の有名メーカー製の換気扇を使っていたのですが壊れてしまったときにアフターサービスが良くなくてすごく困ったことがあったんです。
でも換気ライト[PSF]は国内で製造されたものでアフターサービスもしっかりされているようなので安心して付けられました。
吸い込みもかなり良く、今までの卓上調理をしていたときのストレスがなくなって満足しています。


初めは換気ライト[PSF]の性能を疑っていたH様も今は換気ライト[PSF]を活用し、調理後のにおいを気にせず卓上調理を楽しんでいらっしゃるようです。innoinnoの強みである設計・製造・アフターサービスをすべて国内で行っている点も信頼いただけたようで安心しました。H様、貴重なご意見ありがとうございました。