ユーザー様宅訪問レポート
今回おじゃましたのは神奈川県藤沢市にお住まいのT様邸。鵠沼海岸にほど近い、高級住宅街の一角にT様のご自宅はありました。 白壁に丸い窓がアクセントになったT様のご自宅は、訪れる人々を優しく迎えいれてくれます。


お宅におじゃましてダイニングへご案内いただく途中に、吹き抜けの大きなリビング! 天井で回るシーリングファンが優雅な雰囲気を演出しています。 そのリビングにつながってダイニングがあり、昨年新発売されたルーティアルが設置されています。
すてきなリビングダイニングですね。


最初のプランではダイニングが吹き抜けの予定だったんですよ。でもお鍋や焼肉、お好み焼きなどの卓上料理が大好きな我が家でダイニングを吹き抜けにすると食べ物の匂いが家中に広がってしまいそうなので、ダイニングではなくリビングを吹き抜けに変えました。そのプラン変更と同時に卓上で活躍してくれる換気扇がないかとずっと探していたんです。
そのときペンダントスタイルファンの存在を知って、これがあれば吹き抜けを大きくとっても安心できると思い、ぜひ取り付けたいと設計の方にお願いしました。



安心して吹き抜けの開放感を楽しんでいただけて我々も感激です。そこまでして取り付けて いただいたということは、取り付け後のライフスタイルを見越してのことですよね?


我が家はみんなでわいわいといただく卓上料理が大好きなんです。 でも新築のクロスを汚すのも嫌ですし、汚れを気にして好きな物を食べられないのも嫌でした。 主人も「好きなことが出来ない新しい家では建てた意味がない」という考えでしたので 何か便利なアイテムはないかと私がインターネットで商品を探しました。 「ダイニング・換気」のキーワードで検索をしていた結果、辿り着いたのがinnoinnoのサイトでした。
写真


今までに取材させていただいたお客様は「雑誌広告を見て、ペンダントスタイルファンの存在を知った」とおっしゃる方が多かったのですが、 インターネットで知っていただいたというお話は貴重ですね。 2005年11月にご入居ということは、ルーティアルが発売してすぐ、ご購入いただいたことになりますね。(※ルーティアルは2005年9月発売)


写真 始めはライトフライヤーで検討していたのですが、ルーティアルが発売されることがわかり、デザインが気に入ったのでルーティアルを注文 しました。建築工事が7月頃からスタートしていたので、ルーティアルの施工が間に合うか不安でしたが、何とかタイミングがあって取り付ける ことが出来たのでよかったです。


気に入った機種をお取り付けいただけてこちらとしても嬉しいですね。ペンダントスタイルファンの購入の決め手になったものは何でしょうか?


機能とデザインですね。デザインが良くなければきっと購入しませんでした(笑)。機能はinnoinnoサイトの煙吸い込み動画をちゃんとチェックしましたよ。


ありがとうございます。煙吸い込み動画もチェックしていただき、innoinnoサイトをリニューアルした甲斐がありました。お取り付けいただいた後はどのくらいの頻度でペンダントスタイルファンをご利用いただいているのでしょうか。


使い始めて3ヶ月ほど経ちますが、週1〜2回は使用していると思います。 焼肉、お好み焼き、鍋料理はもちろんのこと、ニンニクを使ったパスタなど匂いの気になる料理の時も 使っています。以前はダイニングに換気扇がなくて部屋にこもる食べ物の匂いが気になったのですが、 今は躊躇することなく料理できますね。 それに主人は愛煙家で、今は大きめの換気扇がついた付いた部屋とキッチンのレンジフードの下でのみ 煙草を吸っているのですが、これがあればゆくゆくはダイニングで吸えるのかな、なんて言っています(笑)


そうですね。ご家族でお過ごしになる貴重な時間を別の部屋で…というのは勿体無いですよね。 是非、ダイニングでの家族団欒にお使いいただければと思います。 ペンダントスタイルファンをご覧になったご家族や、T様のご自宅に遊びにいらしたお客様のご意見は いかがでしょうか?


「こういうもの(ペンダントスタイルファン)を取り付けた」と報告した友人の中には「見てみたい」といって 遊びにきてくれた人もいますし、逆に知らないで来てくれた友人は「これ、何??」と不思議そうに見つめ ていました。家族にも好評でしたよ。


まだまだ認知度が高くないので、ご友人も、見たことの無い製品にさぞビックリされたでしょうね。 さて、実際にお使いになった感想を伺いたいと思います。いかかですか?


使い勝手はいいと思います。 ファンの運転音の大きさを心配していたのですが、ほとんど気になることもありません。むしろ"弱"運転の時は本当に動いているのか心配に なるくらい静かで思わずスイッチを確認してしまったほどです。もしも運転音で会話が遮られるようでしたら採用しなかったと思います。 また照明の調光機能を活用して大人だけの時間やお客様がいらした時は少し暗めにして落着いた雰囲気を楽しんでいます。 それにお料理もおいしそうに見えるんですよ。
写真


ありがとうございます。運転音が静か過ぎて確認していただいたとのことで、ご迷惑をおかけしましたが、こちらとしては嬉しい限りです。 最後にペンダントスタイルファンを取り付けようか迷っている方へのアドバイスがありましたら是非いただきたいと思います。


購入前はペンダントスタイルファンをとりつけることでダイニングのレイアウトが変更できなくなるのではないかと不安でした。 でもよくよく考えてみて、テーブルを動かすような大がかりなレイアウト変更も今後はなさそうだということに気付き、その不安も 解消されました。ただレイアウトはそのままでもテーブルの大きさが変わる可能性はありそうなことと照明としての機能も考えて ダイニングのちょうど真中にペンダントスタイルファンを取り付けました。
あと、注意したいのは照明ですね。お部屋の広さにもよると思うのですが、Lutial単体の照明はテーブルの上を照らすには十分です けれど、お部屋全体を照らすとなると少し物足りないと思います。ですのでダウンライトなどの他の照明との兼ね合いもあわせて 検討されることをオススメします。
こうしてみるとやっぱり取り付け位置、高さや他の家具のおおまかなレイアウトは事前にじっくり検討しておかなければなりませんよね。 また、扱ったことのない製品ということで最初住宅メーカーさんが消極的に感じられたのですが、「ぜひ採用したい」ということを主張 しました。結果、希望どおり設置することができて満足しています。 製品の操作方法はとてもシンプルなので操作面での心配はいらないと思いますよ。



自分達のライフスタイルにあった製品を厳選してつけたい… ご自宅を建てるにあたってのポリシーを貫き、住宅メーカーさんを説得してペンダントスタイルファンをお取り付けくださったT様ご夫妻。 育ち盛りのお子様がお二人いらっしゃるということで、奥様がダイニングで振るわれるできたてのお料理をお腹いっぱい食べて、ご家族の 会話もはずみそうですね。
また、初めて取り扱う商材にも関わらず、試行錯誤しながらもプランニングしてくださった住宅メーカーM社コーディネーターのI様。 今回の取材にも多大なご協力をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。
T様、I様、貴重なご意見、ありがとうございました。